シェアする

実践編



基礎編


TOP > 配達証明って何なの?


配達証明って何なの?

配達証明とは

配達証明>とは、手紙について、相手がいつ受け取ったか、という、配達の事実を証明してくれる制度のことをいいます。

郵便法 第47条
配達証明の取扱いにおいては、会社において、当該郵便物を配達し、又は交付した事実を証明する。

本来、内容証明郵便は、すべて一般書留ですので、配達員による手渡し・受け取りサインがなされ、記録されますが、配達証明というのは、その事実が何年何月何日であったかの証明書、ということになります。


つまり、内容証明郵便に配達証明を付けてもらうことで、誰が、誰に、どのような内容が書いてある手紙を、いつ出して、いつ届いたか、ということが、完全な形で証明出来る、ということになります。


配達証明書は、内容証明以外の普通の手紙であっても、一般書留であれば、付けることが出来ます。

また、発送したあとであっても、1年以内であれば、発行してもらうことが出来ます。
ただし、その場合、配達証明料が割増になるのと、発送依頼時に交付された書留郵便物受領証などが必要となります。

そのため、原則として、内容証明郵便の発送を依頼する際は、その際に、同時に配達証明を付けてもらうことが一番です。


自分の自宅の家族に内緒にしたい場合

配達証明というのは、内容証明発送時に依頼しておくと、相手方が受け取ったあと、通知人の自宅にハガキで届きます。
そのため、もしも自分の自宅の家族には内容証明を発送したことを内緒にしておきたい、などの事情がある場合には、あえて発送時には付けず、発送完了後に、郵便局に謄本を持って行って証明してもらうことで、窓口で証明書を受け取ることが可能です。


配達証明の見本

配達証明の見本

配達証明の見本1 配達証明の見本2



内容証明って何なの?<<  配達証明って何なの?  >>内容証明の効力って?




TOP > 配達証明って何なの?