シェアする

実践編

基礎編


謄本を無くした⇒【再度証明】

内容証明の謄本や配達証明書を紛失してしまった場合、謄本の閲覧や再度証明(再交付)、配達証明書の再交付を受けることが出来ます。


内容証明の謄本の再度証明(再交付)

差し出し郵便局において、再度証明(再交付)してもらうことが出来ます。
再度証明(再交付)を受けられる期間は、内容証明を受け付けた日より5年間(保管期間)になります。

再度証明(再交付)に必要なもの

  • 元の書面と同じもの(捺印も同様)
  • 書留郵便物受領証
  • 差出人の身分証明書(免許証等)
  • 再交付手数料 1枚目420円(2枚目以降1枚ごとに250円加算。)

内容証明の謄本の閲覧

差し出し郵便局において、謄本を閲覧することも可能です。
閲覧の可能な期間は、内容証明を受け付けた日より5年間(保管期間)になります。

再度証明(再交付)に必要なもの

  • 書留郵便物受領証
  • 差出人の身分証明書(免許証等)
  • 閲覧手数料 1枚目420円(2枚目以降1枚ごとに250円加算。)


配達証明書の再交付

差し出し郵便局において、再交付してもらうことが出来ます。
再交付を受けられる期間は、内容証明を受け付けた日より1年間(保管期間)になります。

再交付に必要なもの

  • 書留郵便物受領証
  • 差出人の身分証明書(免許証等)
  • 再交付手数料 1枚目420円(2枚目以降1枚ごとに250円加算。)